トップへ戻る

玉華堂の抹茶極ぷりん

_mg_6659

 

現在では玉華堂の代名詞ともなった、自慢の「玉華堂の極ぷりん」。

なんと!秋季限定で「和栗の極ぷりん」が完成いたしました。

 

和菓子屋として創業した玉華堂に、現5代目当主が洋菓子創りに力を注ぎ、

職人と共に創り出した、玉華堂の「極ぷりん」。

 

和菓子職人が創る、洋菓子のプリンは、職人のこだわりが詰まっています。

 

まず、プリンは基本的に「卵」・「牛乳」・「砂糖」とシンプルな素材で出来ているため、

質の良い厳選した素材を探し出し、オリジナリティーを出すため「北海道産生クリーム」を加えました。

 

次に、素材の配合です。

卵の比率が高いと、しっかりしたプリンに、クリームが多いとトロっとした食感に・・・

ちょうどいい、濃厚でとろとろの食感を生み出すために試行錯誤を繰り返し、

ついに黄金比率の配合を探し当てました。

 

職人のこだわりはまだあります!!

こだわりのとろとろ食感を創り出すために、熱伝導の良い「ガラス瓶」を使い、

焼きむらをなくし均一に仕上げました。

 

そして、一番大事な素材を冷凍しないこと!プリンを冷凍すると、組織細胞が壊れてしまうため、

なめらかな食感や優しい香りがなくなってしまいます。

 

職人こだわりの、甘い香りがする、なめらかでクリーミーなとろとろ食感のプリンを楽しんで下さい。

 


 

そんなこだわり抜いたプリンに、

和菓子屋ならではの素材「静岡県産の抹茶」を、極ぷりんとコラボレーションさせました。

 

macha

静岡県産の香り高い抹茶を、

とろとろのプリンと合わせたら、

プリンの上に無糖の生クリームと

大納言小豆の”蜜漬けかのこ豆”を

甘味と食感のアクセントに加えました。

 

 

和菓子屋ならではの、プリンをお楽しみください。

 

 

 

オンラインショップオンラインショップ
MENU